« 「第二回五ヶ瀬釜炒茶手炒り体験会」 | 「宮崎美老園」ブログトップ | 「ゆたかな香りとしっかりした味わいの児湯茶はいかが」 »

「夏は涼しく!美味しい冷茶はいかが」

夏は涼しく!美味しい冷茶はいかが   いよいよ6月。うっとうしい梅雨の季節を迎えますね。こんな時こそ緑茶のすっきりとした味と香りで爽やかに過ごしましょう。
今月は、「夏は涼しく!美味しい冷茶はいかが」と題して冷たいお茶のご紹介です。「冷たいお茶」といって、皆さんが最初に思い描くのはペットボトルのお茶ではないでしょうか?確かにペットボトル入りのお茶は、いつでもどこでも気軽に手軽に飲めて便利ですが、結構高くついているのをご存知ですか?それからあのペットボトル。飲み終わったらほとんどポイと捨ててしまっていますよね。
特にこれから暑くなって、様々なペットボトル飲料を飲む機会が多くなると思いますが、そこで毎日捨てるペットボトルの量を考えてみてください。相当な量になるのではないでしょうか。そこで、もっと「体と環境にやさしい生活」のご提案です。ペットボトルでしか味わえないと思っている冷たいお茶を家庭で手軽に簡単に、そして何よりも環境にやさしく経済的に出来るとしたら皆さんどうですか?
今月はそんな耳よりなお話をしてみたいと思います。前にもお話したと思いますが、お隣の中国や台湾では、暑いからといって冷たいものを飲んだり食べたりしてはいけないという考え方があるそうです。それはもともと人間は体温が一定で、もし、冷たい飲食物を取って体が冷えてきたら、元の体温に戻そうとして本来別のところで使われるはずのエネルギーが使われてしまい、その結果、使われるべきところのエネルギーが足りなくなり、体内でエネルギーのバランスが崩れ、体調を崩してしまう。と言う考えがあるのだとか。特に女性は、小さな頃から母親やお祖母さんから、冷たいもののとりすぎを厳しく注意をされるといったことを聞いたことがあります。
確かに暑いからといって冷たいものばかり取っていては逆効果。まして糖分の多い清涼飲料水ばかり飲んでいると「脚気」の原因にもなるそうです。
かといって暑い時に暑いものはどうも、といった方にぴったりなのが「冷茶」です。お茶の栄養成分も気軽に取れて健康にももってこいです。今月は体にも環境にもやさしい美味しい「冷茶」の簡単な作り方をご紹介したいと思います。
 
美味しい冷茶の作り方−水出しポットミニ(700ml)を使って−
1.お好みの茶葉10g(ティースプーン約5杯)をポットへ。 2.冷水をポットに入れて、待つことおよそ20分。 3.まろやかで旨みのある美味しい冷茶の出来上がりです。

1.水出しポットミニ(700ml入り)にお好みの茶葉15g(ティースプーン約7杯)を入れて下さい。

  2.冷水をポットに入れて、待つことおよそ20分。   3.まろやかで旨みのある美味しい冷茶の出来上がりです。

お休み前に同様にして入れたものをポットのまま一晩冷蔵庫へ。
朝起きたら美味しい冷茶をすぐにお召し上がりになれます。

一晩かけて作った冷茶は、濃い目に出来ていますからお好みに応じて冷水を加えて薄めるか、氷を入れてお召し上がりください。
お好みに応じて冷水を加えて薄めるか、氷を入れてお召し上がりください
 
【注意事項】
  1. 使用する水は、ミネラルウォーター、もしくは一度必ず沸騰させたものを冷ましてお使いください。

  2. 出来上がった冷茶は、風味を損なわないうちに出来るだけ早めにお召し上がりください。低温で抽出したお茶は、カテキンの抽出量が少ないので痛みやすくなりますので、冷蔵庫で保管し、出来ればその日のうちにお召し上がりになる事をお奨めします。

  3. 茶葉の量を多くしたり、長めに抽出していただくと濃い目のお茶を作る事が出来ます。

 
冷茶を作るのに便利な水出し用のポットをお使いになれば、簡単に冷茶をお作り頂くことが出来ます。耐熱ガラスで出来ていますので、熱いお湯もお使いいただけます。
 
夏の涼
  水出しポット(大きいサイズ)   水出しポット(ミニサイズ)
  水出しポット
大きいサイズ(とって付き) 1000ml
1,260円(税込価格)

  水出しポット
ミニサイズ 700ml
840円(税込価格)