« 2007年02月 | 「宮崎美老園」ブログトップへ | 2007年04月 »

2007年03月31日

茶畑最新情報 Vol、5  〜【児湯郡-S編】 3月30日

blogh19.03.30A.jpg児湯郡の茶畑の最新の情報が入りました。

宮崎では一昨日などは、最高気温25.2度(宮崎市)と夏日を記録しました。昨日も晴天に恵まれ、さらに気温が上昇、同じく最高気温28℃を記録したそうです。まるで初夏を思わせるような陽気に空調を慌ててクーラーに切り替える所も多かったみたいです。これは移動性高気圧に覆われ、日本海の低気圧に向かって南からの暖かい空気が流れ込んだことによるものだとか。この陽気いつまで続くのでしょうか?


日本茶でちょっと一服。宮崎美老園



blogh19.03.30B.jpgこういった気温の上昇にともなって茶畑の芽立ちも急速に進んでいるようですね。これからの時期、数日で芽の伸び具合も大きく変わってきます。




blogh19.03.30C.jpg茶畑全体がだんだん明るく黄色身を帯びてきているのがわかります。後は例年のごとく遅霜が心配ですね。





日本茶今、日本茶ランキングに参加しています。もし宜しかったらクリックしていただけると嬉しいです。

2007年03月30日

お茶請けにぴったり!一元屋さんの最中

blogitigenyamonaka-2.jpg姉がいただいて美味しかったからと最中をおすそ分けしてくれました。添えられたしおりには、特製「一元最中」と書いてあり、東京の麹町のお菓子屋さん「一元屋(いちげんや)」さんのものだとか。早速、お茶請けにいただいてみました。


日本茶でちょっと一服。宮崎美老園



blogitigenyamonaka-1.jpg感想は、一言で言うと「美味しい!」、私はあまり最中とかは、好んで食べないほうですが、これはまたほしくなる味です。

一口食べるとまず控えめの甘さが心地よく迎えてくれ、その後からほんのりと塩味が追いかけてきて口の中で先ほどの甘さと調和してくるのがわかります。中に求肥が入っていて、最中の皮の香ばしい食感と柔らかな求肥のややもっちりとした食感、その間に小豆の粒が程よく残っている餡子の食感がうまく溶け込んでいる感じです。

つまり最初は「サクッ!」、次に「しっとり」、最後に「もっちり」とでも言えばよいのでしょうか。甘さ控えめ(結構これが私には大事です。)がうれしいですね。餡子の塩味が上品な甘さをさらに引き立ててくれているようです。



blogitigenyamonaka-3.jpgお店は、麹町にあるそうですが、なんと、ここはこの最中ときんつばしか扱っていないのだとか。こんな話を聞くと是非行ってみたくなりますね。きんつばも食べてみたくなりました。


この最中、当店の「煎茶野路の梅」と一緒にいただいてみましたが、最中の上品な甘さ味わいを野路の梅のほんのりやわらかな渋みがやさしく包み、口の中で絶妙のハーモニーを奏でてくれました。まさにお茶請けにぴったりのとても美味しい最中でした。





日本茶今、日本茶ランキングに参加しています。もし宜しかったらクリックしていただけると嬉しいです。

2007年03月29日

「じゅぴあ宮崎」5月号の取材がありました!

blogjyupia-1.jpg先日、地元宮崎の“ゆとりある人生を楽しむ情報誌”「じゅぴあ宮崎」という雑誌の取材がありました。5月号の「新茶特集」ということで「美味しい入れ方」を含む、お茶をもっと楽しむための方法について、というのがテーマのようです。


日本茶でちょっと一服。宮崎美老園



blogjyupia-2.jpgこの雑誌の購読年齢は、比較的高い年齢層を対象に編集してあり、特に食、旅、健康などの記事にウェイトがおかれているように見えます。ですから「お茶の効能効果について」、「お茶と健康について」といった内容を特に意識してお話しをさせて頂きました。

カメラでの撮影とインタビューと記者の方は一人二役でお忙しそうです。



blogjyupia-3.jpg知っていそうで意外と皆さんがご存じない「日本茶の美味しい入れ方」はやはり記事には欠かせません。はたして、どんな記事になるのでしょうか?今から楽しみです。





日本茶今、日本茶ランキングに参加しています。もし宜しかったらクリックしていただけると嬉しいです。

2007年03月28日

茶畑最新情報 Vol、4  〜【児湯郡-T編】 3月25日

blogh19.03.25a.jpg昨日の宮崎は、久しぶりの雨になりました。今年はこの時期、例年と比べると雨が少ないようですが、またこれから雨模様の日が多くなってくるのでしょうか?折角、上がり始めた気温でしたが、この雨でまた足踏み状態です。

さて、シリーズでお送りしている茶畑最新情報ですが、今回はいつも定点観測をしている茶畑より少し南側の茶農家さんの畑の様子を撮影した画像が届きました。

日本茶でちょっと一服。宮崎美老園



blogh19.03.25b.jpgいつもご紹介している畑と比べて、少し芽立ちが早いようにも見受けられますね。茶畑の地形や高さも大きく芽立ちに影響してきます。



blogh19.03.25c.jpg品種によって芽立ちの具合が違うのが良くわかる写真です。
右が「やぶきた品種」の畑で、左のやや黄緑色の畑が「ゆたかみどり品種」です。早生品種の「ゆたかみどり」のほうが芽立ちが早いのがわかっていただけると思います。




blogh19.03.25d.jpg場所によっては、「やぶきた」でもこんなに芽立ちが進んでいるところも見られます。優良品種の「やぶきた」で作られるお茶が出来るのは、今のところ4月末くらいになりそうだとの情報が入っています。今年は、予想では期待の持てる美味しい新茶が出来そうとのこと、これからが楽しみですね。




日本茶今、日本茶ランキングに参加しています。もし宜しかったらクリックしていただけると嬉しいです。

2007年03月27日

「’07春の感謝祭」スタート!

blogkannsyasai0703-1.jpg先日、このブログでもご案内していました「’06春の感謝祭」がいよいよスタートしました。本店・本社、宮崎山形屋店とそれぞれにお買い得な商品をそろえて皆様のご来店をお待ちしております。

日本茶でちょっと一服。宮崎美老園



blogkannsyasai0703-2.jpgこの時期期間限定の煎茶「春茶物語」をはじめ、人気の煎茶「野路の梅」シリーズもこの期間限定の特別価格になっております。

期間は、29日(木)まで。この機会に是非ご利用ください。




日本茶今、日本茶ランキングに参加しています。もし宜しかったらクリックしていただけると嬉しいです。

2007年03月26日

伊賀上野の忍者屋敷

blogninjya-1.jpg先日の伊勢志摩の旅行で奈良の猿沢の池を後にして、我々が次に向かったのは、伊賀上野の里。ここの忍者屋敷なるものを見学に立ち寄りました。ちょうど私達が訪れた時は、「忍術展」が開催されていました。


日本茶でちょっと一服。宮崎美老園



blogninjya-2.jpg藁葺き屋根のこの家屋、なにやら本物の忍者屋敷で別の場所にあったものを移築したのだとか。よくTVや映画で出てくる、扉の裏側にすばやく隠れるあの「どんでん返し」を忍者の格好をしたスタッフが実演しながら説明してくれます。




blogninjya-3.jpgまるでからくり屋敷のようで屋根裏部屋へすばやく隠れたり、地下への秘密の通路などなど。床下に武器を隠していた様子についてスタッフが説明してくれます。



blogninjya-4.jpgこれも子供の頃に憧れていた「水蜘蛛(みずぐも)」。水の上を自由に歩ける道具と思っていましたが、実際には、足を取られて歩行の出来ない泥沼などを歩行するのに使われていたようです。



blogninjya-5.jpg屋敷から地下通路を通って行った忍者博物館では、子供の頃に憧れていた忍者の世界を満喫できます。お馴染みの追っ手の追跡を阻む「まきびし」や忍者特有!?の武器である「手裏剣」、「鎖がま」などが展示してあります。



blogninjya-6.jpg忍者の刀は、普通の刀と比べ、様々な工夫が施されています。屋内の戦闘を想定して短めに作られていたり、鞘の先端が尖っていてこれ自体が武器になったりしていたそうです。



blogninjya-7.jpg忍者は、他にも普通の人々と違って、様々な能力を要したようです。忍者流スーパー記憶術や人々を暗示にかけて操ったり、ネコの目を見ることによって時間を知るなど忍者ならではの秘術の数々が紹介されていました。





日本茶今、日本茶ランキングに参加しています。もし宜しかったらクリックしていただけると嬉しいです。

2007年03月25日

茶畑最新情報 Vol、3  〜【児湯郡編】 3月23日

blogH19.3.23B.jpg23日の宮崎は、日中気温が上がり、少し汗ばむような陽気になりました。「暑さ寒さも彼岸まで」とよく言ったものだと思いきや、また昨日は冷たい雨にたたられてしまいました。
23日に届いた茶畑の様子です。

日本茶でちょっと一服。宮崎美老園



blogH19.3.23A.jpgまだ、茶畑全体の様子には大きな変化は見られません。



blogH19.3.23C.jpgよく見ると新芽の部分が前回に比べて、少しだけふっくらとしたような感じがします。長さについては、こちらも少しだけ伸びたように見えるのは気のせいでしょうか?これで気温が上がってくれば、一挙に芽の伸びも早まりそうな気配です。





日本茶今、日本茶ランキングに参加しています。もし宜しかったらクリックしていただけると嬉しいです。

2007年03月24日

CMでも有名なシャープが世界に誇る「亀山工場」

blogkameyama-2.jpg吉永早百合さんが出ているシャープのテレビ「AQUOS」のコマーシャルで度々その名が登場する亀山工場。先日視察した伊勢茶の亀山農協のパイロット茶畑の帰り道、その亀山工場の前を通りました。

近くで見れば見るほど、その規模の大きさに驚かされます。


日本茶でちょっと一服。宮崎美老園



blogkameyama-1.jpgこの写真から皆さんに工場の広大さがお分かりになっていただけるでしょうか?マイクロバスで工場の周りをぐるッと回るような形で外見だけ見ることが出来ました。



blogkameyama-3.jpg正面玄関も広々としています。今回の伊勢茶の研修視察旅行の当初の計画で、実はこのシャープの亀山工場の見学が組まれていたのですが、途中中止になりました。

亀山農協の方のお話では、現在見学全般をシャープが昨年末から中止しているとのこと。なるほど計画からはずされた理由が分かりました。




blogkameyama-4.jpg走っているバスからの撮影ですので、なかなか上手く撮れません。

ようやく「SHARP」と「亀山工場」の文字を撮影することが出来ました。世界でも最先端の技術を誇るこの亀山工場、いつの日にか機会がありましたら、中の見学を是非してみたいものです。




日本茶今、日本茶ランキングに参加しています。もし宜しかったらクリックしていただけると嬉しいです。

2007年03月23日

茶畑最新情報 Vol、2  〜【児湯郡編】 3月18日

blogH19.3.18B-1.jpgまだまだ冷たい日々が続いているここ宮崎です。先週からはじめた茶畑の定点観測の第二報です。新芽の部分が少しだけ大きくなったように見えますが、大きな変化はまだ見受けられません。

日本茶でちょっと一服。宮崎美老園



blogH19.3.18B-2.jpg先日うかがった三重県亀山の茶畑よりは若干新芽の部分が大きいようですが、この寒さではもうしばらくかかりそうですね。


現在のところ前回と同じ4月28日ごろ最盛期との見通しに変化はありません。もちろん毎回申し上げるようにこれからの気温の変化、特に夜間の気温の動向によって大きく変わってきます。




日本茶今、日本茶ランキングに参加しています。もし宜しかったらクリックしていただけると嬉しいです。

2007年03月22日

奈良といえば、これ!「柿の葉ずし」

blogkakinohazushi-1.jpg先日の伊勢志摩の旅、報告第一弾は、途中昼食をいただいた奈良からです。奈良の代表的な食べ物のといえば、これ!「柿の葉ずし」ですね。さばやサーモンの乗った寿司をその名の通り、柿の葉で包んであります。


日本茶でちょっと一服。宮崎美老園



blogkakinohazushi-2.jpgあの猿沢の池のすぐそばにある「平宗(ひらそう)」さんでいただきました。



blogkakinohazushi-3.jpg柿の葉ずしが思った以上にボリュームがあってお腹いっぱいになってしまいました。美味しかったです。



blogkakinohazushi-4.jpg「平宗(ひらそう)」さんのお店の前に可愛らしい石で出来た狸の置物がおいてあります。お店のよい目印になりますね。



blogkakinohazushi-5.jpg猿沢の池を見下ろすように立つ興福寺の五重塔が見えます。





日本茶今、日本茶ランキングに参加しています。もし宜しかったらクリックしていただけると嬉しいです。

2007年03月21日

美味しいお茶の入れ方 【番茶編】

blogoisiirekata-bancya-1.jpg伊勢志摩の出張旅行から昨日帰宮しました。今回の旅行は三重県の茶業事情の視察が大きな目的でした。

九州各県のお茶屋さんを中心に勉強会を40年以上も続けており、現在私が会長をさせていただいています。以前から大変関心のあった三重県の茶業の視察を希望し今回実現したわけです。この時の模様については、また後日ご報告しますね。



blogoisiirekata-bancya-2.jpg
さて、今日は、先日ブログ仲間である「東京堂のどらさん」から

「番茶の美味しい入れ方」
についてのお尋ねがありました。日本茶業中央会編纂の資料が分かりやすく解説されていたので、これをもとにご紹介してみたいと思います。


ポイントは、大きく3つあります。


1、まずはじめに茶葉の量ですが、1名分が約3g(ティースプーンおよそ1杯分)です。

2、次に湯温ですが、こちらは熱湯です。

3、最後に蒸らし時間は、約20〜30秒です。
これだけで今までとはまったく違った美味しい番茶を楽しんでいただけるでしょう。
是非お試しになってみて下さい。

日本茶でちょっと一服。宮崎美老園




日本茶今、日本茶ランキングに参加しています。もし宜しかったらクリックしていただけると嬉しいです。

2007年03月20日

こんなにもある「日本茶の効能効果」

blog2007kounou-1.jpg今まで何度もご紹介してきた日本茶の効能・効果ですが、今日はもう一度それについておさらいしてみたいと思います。

日本茶でちょっと一服。宮崎美老園



blog2007kounou-2.jpgこれは全茶連監修の日本茶のしおりから抜粋したものなのですが、
とても分かりやすくまとめてあるのでここで紹介してみたいと思います。
これをみるとカテキン類だけでなく、実に多くの有効成分があるのが分かっていただけると思います。

もっともっと日本茶を飲んで毎日を健やかに過ごして下さいね。





日本茶今、日本茶ランキングに参加しています。もし宜しかったらクリックしていただけると嬉しいです。

2007年03月19日

いろいろな日本茶の種類

blog2007syurui-1.jpg今日は、皆さんが知っていらっしゃりそうであまりご存知ない日本茶の種類についてご紹介させていただきます。今回ご紹介するのは、6種類。日本茶のおよそ8割を占めるといわれる煎茶をはじめ、深蒸し茶、ほうじ茶、玉露、玄米茶、抹茶です。

これは全て、社団法人日本茶業中央会発行の資料から抜粋したものです。

日本茶でちょっと一服。宮崎美老園



blog2007syurui-2.jpgこれ以外にも蒸し製の玉緑茶や「釜炒茶」の名で親しまれている釜炒り製玉緑茶などもありますが、また次の機会にご紹介しましょう。





日本茶今、日本茶ランキングに参加しています。もし宜しかったらクリックしていただけると嬉しいです。

2007年03月18日

「'07 春の感謝祭」を開催します

blogkansyasai2007spring.jpg毎回ご好評をいただいています、秋の感謝祭ですが、今年はお客様の日頃のご愛顧に感謝して、この時期にも「第1回春の感謝祭」を開催させていただくことになりました。


お買い得商品を豊富に取り揃えて、皆様のお越しをお待ちしています。
この機会に是非ご来店下さい。

日本茶でちょっと一服。宮崎美老園




日本茶今、日本茶ランキングに参加しています。もし宜しかったらクリックしていただけると嬉しいです。

2007年03月17日

中国茶の出張セミナーを開催しました

blogchineseteaparty20070315-1.jpg先日、このブログ仲間のヒカリねーさんのお店、日高時計宝飾店主催の中国茶セミナーが開催されました。

同じブログ仲間のもりのふうさんもご夫婦で参加して下さいました。前回の初級クラスをもとに今回は、鳳凰単叢桂花香や岩茶武夷水仙など高級なお茶を6種類ほど皆さんに楽しんでいただきました。


日本茶でちょっと一服。宮崎美老園



blogchineseteaparty20070315-2.jpg日高時計宝飾店さんがご準備くださったのは、源吉兆庵の高級和菓子です。その名も桜花の舞「春苑」というそうです。これには06’明前獅峰龍井がぴったりでした。




blogchineseteaparty20070315-3.jpg店内には、ボケの花が活けてあり、和やかな雰囲気を醸し出しています。




blogchineseteaparty20070315-4.jpgもりのふうさんからリクエストのあったインドネシアのカステラもお茶請けに登場です。これには鳳凰単叢や武夷岩茶が合いそうですね。
和やかな雰囲気の内に無事終えることが出来ました。日高時計宝飾店さん、ご参加の皆さん有難うございました。





日本茶今、日本茶ランキングに参加しています。もし宜しかったらクリックしていただけると嬉しいです。

2007年03月16日

今年も新茶予約頒布会がはじまります。

blogsincyayoyaku-1.jpg3月も中旬に入ったにもかかわらず、冷たい毎日が続いています。宮崎の桜の開花予想は、今月30日とのこと、当初の28日から2日遅くなったようです。この桜の開花予想日の概ね1ヵ月後くらいがちょうど新茶の最盛期といわれていますので、茶業者は、桜の開花予想を大変興味待っています。

暖冬の上に、しばらく初夏のような陽気が続いていましたので、てっきり早くなるものとばかり考えていましたが、見事に裏切られる形になりそうです。

そうは言ってもこれからの気温の変化で大きく変わってくるのも事実なので気を緩めることは出来ません。

日本茶でちょっと一服。宮崎美老園



blogsincyayoyaku-2.jpg今年も宮崎山形屋店では、本店本社に先駆けて、新茶の予約が始まりました。ご予約のお客様には、商品小売価格の10%割引に加えて、写真のようなマグカップもしくは、急須をプレゼントさせていただきます。

この機会に是非宮崎美老園の新茶予約頒布会をご利用下さい。





日本茶今、日本茶ランキングに参加しています。もし宜しかったらクリックしていただけると嬉しいです。

2007年03月15日

茶畑最新情報  〜【児湯郡編】Vol、1

blogH19.03.08.jpg一時期の暖かさが嘘のようにここ一週間ほどは真冬並みの冷え込みが続いている宮崎ですが、3月も中旬に入り、そろそろ新茶のことが気にかかります。

暖冬の影響で今年の新茶も早まるのではとの観測が流れていましたが、どうも昨年より数日遅れの見込みというのが大方の予想です。
写真は、3月8日の茶畑の様子ですが、雨が少ないので散水をしている所です。

日本茶でちょっと一服。宮崎美老園



blogH19.3.14.A.jpg昨日、3月14日の様子ですが、まだ茶芽は見えますが、まだ硬いままです。



blogH19.3.14.B.jpgこの新芽が膨らみ始めるのはいつ頃でしょうか?これからの気温の変化から目が離せません。昨年同様、これからも周期的に茶畑の定点観測の様子をこのブログでご紹介する予定ですので、どうぞお楽しみに!




日本茶今、日本茶ランキングに参加しています。もし宜しかったらクリックしていただけると嬉しいです。


2007年03月14日

通信教育で学ぶ「日本茶インストラクター講座 2007」

bloginstractor-1.jpg日本茶インストラクター制度は、平成11年度に最初は日本茶業中央会によって制定され、後にNPO法人日本茶インストラクター協会によって、その運営と推進が引き継がれるようになった制度ですが、この資格を取得するのに最も効果的な方法が、今日ご紹介する通信教育による「日本茶インストラクター講座」です。

当社では、私と妻がこの日本茶インストラクター資格を、そして、スタッフも4名が日本茶アドバイザー資格を有していますが、皆この通信教育を受講して勉強しました。

しっかりとしたカリキュラムから構成されたこの講座は、今でもインストラクションをする時の一番の参考書です。資格取得されたい方は、是非この通信講座を受講される事をお奨めします。その2007年度の通信講座の募集要項が、昨日インストラクター協会から届きました。

日本茶でちょっと一服。宮崎美老園



bloginstractor-2.jpg実は、今回の要項に「資格取得者の活躍の様子」というタイトルで私のコメントが掲載されています。他にも「学習の流れ」、「講座テキストの詳しい内容」や「受講申込概要」が載っています。この要項をご希望の方は、当店本社(TEL0985-22-2836)もしくは、NPO法人日本茶インストラクター協会 教育事務センター(TEL03-5402-6078)までご連絡下さい。





日本茶今、日本茶ランキングに参加しています。もし宜しかったらクリックしていただけると嬉しいです。

2007年03月13日

小学生の娘達にバレーボールの指導です

blogvolleyexamination-1.jpg小学校の娘達のために新たにバレーボールサークルを作りました。バレーボール経験者の保護者がたくさんいるので分担して子供達の指導に当たっています。この前の日曜日は、主にご指導をお願いしている保護者の方の都合が悪かったので、急遽、私が指導することになりました。

日本茶でちょっと一服。宮崎美老園



blogvolleyexamination-3.jpgメンバーはまだ少ないのですが、学年がバラバラなので学年に応じて低学年のグループと高学年のグループに分け、練習メニューを作って指導しています。
今回のように都合のつく保護者が交代で指導するようにしているのですが、低学年の子供は、すぐに練習に飽きが来るので大変です。あらためて子供に教えることの難しさを痛感しています。




blogvolleyexamination-2.jpgこのように何冊も指導書を読んで子供達の能力に合った指導が平均的に出来るように保護者全員で取り組んでいます。まずは基礎練習にしっかりと時間を割いて、いつの日か試合に出て結果が出せるように保護者も子供達も一生懸命頑張っています。





日本茶今、日本茶ランキングに参加しています。もし宜しかったらクリックしていただけると嬉しいです。

2007年03月12日

珍しい「インドネシアのカステラ」

blogindnesiasweets-0.jpg先日、インドネシアから帰ってきた従兄弟がお土産にと持ってきてくれたのがこのお菓子です。

以前にこのブログでもご紹介したことがあるあの「ドリアン羊羹」をお土産に持ってきてくれた従兄弟からの今回のお土産は、「インドネシアのカステラ」だそうです。何ゆえにインドネシアにカステラがと問い直したところ、以前、インドネシアがオランダの植民地時代だったことに理由があるのだそうです。いつも気に留めていてくれる従兄弟に本当に感謝しています。


この従兄弟は、長年仕事でインドネシアに駐在していましたが、近年ようやく日本に帰国した・・・と思ったら、また日本の現地法人にその手腕をかわれ、インドネシアに再び行くことになったのだそうです。よくインドネシアの治安や地震による津波の被害、航空機事故などがあるたびにいつもその従兄弟の安否が気にかかっているのですが、当の本人はマスコミが騒ぎすぎで大げさに伝えられているのだといつも笑い飛ばされてしまいます。先日の地震の時も住んでいる所から1000kmも離れたところで起こったもので心配ないと聞かされました。そうは言ってもくれぐれも気をつけて欲しいと心より願っています。

日本茶でちょっと一服。宮崎美老園



blogindnesiasweets-2.jpg東南アジアのお菓子にしては、失礼だが珍しくしっかりとしたパッケージに入っています。外装は、ビニールでラッピングされていました。中味は紙で包んだだけというシンプルなものでしたが、過剰包装に慣れてしまった私達からするとこんな包装を見るととても新鮮に映ります。



blogindnesiasweets-3.jpgこのカステラ、二層になっていて、上がチーズケーキのような味わいで下がチョコケーキのようです。最初は、なかなか手を出さなかった娘も美味しいと喜んで食べていました。素朴で懐かしいインドネシアのカステラ、本当にご馳走様でした。次は、いただいたトラジャコーヒーと一緒に食べてみることにしますね。




日本茶今、日本茶ランキングに参加しています。もし宜しかったらクリックしていただけると嬉しいです。

2007年03月11日

紅茶セミナー好評開催中!

blogkoucyaseminar-1.jpg日本茶セミナー、中国茶セミナーに引き続き、昨年11月からスタートした紅茶セミナーですが、タウン宮崎のカルチャースケジュールにも掲載していただいている関係か、参加者が少しずつ増えてきました。


日本茶でちょっと一服。宮崎美老園



blogkoucyaseminar-2.jpg宮崎での紅茶消費量は、全国でも下位に位置している関係で、紅茶を専門に扱っている喫茶店もあまりありません。神戸などの紅茶消費先進地と比べると手に入る種類も限られていますし、なかなか美味しい紅茶を飲むことが出来ずに寂しい思いをしていました。



blogkoucyaseminar-3.jpg大学時代をすごしたのが、神戸だったことから紅茶の魅力にはまってしまい、よく友人を引っ張って紅茶専門店に通っていたものでした。ですから私の友人は紅茶通が多いです。

また、そのため、家業の日本茶店を継ぐときは、日本茶よりむしろ紅茶の方が詳しいくらいでした。今まで日本茶、中国茶で手一杯でなかなか紅茶のセミナーまで開催できませんでしたが、皆さんの多くのご要望にお答えして、昨年から始めました。まだまだ受講生に方はさほど多くはありませんが
徐々にセミナーの存在を知ってお問い合わせをくださる方が増えてきています。

セミナーでは、「紅茶の美味しい入れ方」はもちろんのこと、世界の紅茶産地別の飲み比べやクオリティーの見分け方、製造方法などについて詳しくご紹介しています。

紅茶好きの方は是非一度ご参加になってみませんか?
お問い合わせは、宮崎美老園TEL0985-22-2836までどうぞ!皆様のご参加をお待ちしています。




日本茶今、日本茶ランキングに参加しています。もし宜しかったらクリックしていただけると嬉しいです。

2007年03月10日

修学旅行のお土産 〜その1

blogshioriomiyage-1.jpg昨日、次女が関西方面の修学旅行から元気に帰ってきました。

一昨日、娘から妻に荷物を着払いで送ってよいかという電話があったそうです。最近の関西の修学旅行は、テーマパークのUSJ(ユニバーサル・スタジオ・ジャパン)の入園が組み込まれているようで大きな荷物は持って回らない方がよいと先生からの指示があったというのです。お小遣いの金額は決められているので持っていったお金を使いたくなかったのでしょう。ちゃっかり着払いで送ってきました。
後で思うとその分お土産を買って帰ろうと思ったのでしょうか。


写真は、「お父さんに」と私に買って来てくれたお土産です。ちょっと私には似合わないほど可愛い湯飲みと映画の主人公をモチーフにした携帯ストラップです。

日本茶でちょっと一服。宮崎美老園



blogshioriomiyage-2.jpg早速、お土産の湯飲みにお茶を入れていただきます。気のせいか同じお茶なのにいつもより美味しく感じられました。ちょっと親馬鹿でしたね。でもとても嬉しいお土産でした。

まだまだ実にたくさんのお土産を家族全員、祖父母のために買ってきていました。私は出かけていたのでゆっくりと土産話をまだ聞かせてもらっていませんが、とても有意義で楽しい修学旅行だったようです。




日本茶今、日本茶ランキングに参加しています。もし宜しかったらクリックしていただけると嬉しいです。

2007年03月09日

ダイエット計画2007に挑戦! 〜その1

blogdiet200703-1.jpg冬が終わり、いよいよ本格的な春がやってきました。
私の場合、この時期に毎年のように出てくる問題があります。


それはスラックスのウエストの問題で、実は、夏と冬ではスラックスのウエストが違うのです。毎年冬場は太りますのでこれから徐々に絞っていかなければスラックスが入らないという深刻な問題を抱えています。


最近、この減量が年齢を重ねるうちに少しずつ難しくなってきています。皆さんもご存知のように40歳を超えると基礎代謝率というものがガクンと落ちてきます。つまり、だんだんエネルギーを使わない体に変わってくるのですね。ですから今までどおりの生活をしていてるにもかかわらず中年になってくると太ってくるのはここに原因があるのだそうです。


ですから太らないようにするには基礎代謝量を増やせばよいわけですが、一度落ちてしまった基礎代謝量を増やすのは実は容易なことではありません。


日本茶でちょっと一服。宮崎美老園



blogdiet200703-2.jpg例年、運動と食事の両方で減量に挑戦しますが、最初の1週間が勝負です。詳しい方法はまた次の機会にご紹介するとして、今年はとても心強い味方を見つけました。こんにゃくが主原料のリゾットや雑炊のセットで全部で6種類あり、飽きずに摂れるのが魅力です。




blogdiet200703-3.jpgお湯を注ぎ、1分待つだけという手軽さがよいですね。これだけで
なんと37キロカロリーしかないんです。これがまた美味しいので言うことないですね。今回ダイエットを始めたのが2月はじめ、現在3キロ減量しました。これからは、さらにこの低カロリー食を利用して減量に弾みをつけていこうと思います。





日本茶今、日本茶ランキングに参加しています。もし宜しかったらクリックしていただけると嬉しいです。

2007年03月08日

「べにふうき緑茶」サンプル無料配布中!

blogbenifukisample.jpgここ数日、風が強かったせいか、花粉の飛散が激しかったのでしょうか、「べにふうき緑茶」をお買い求めくださるお客様が多くなっています。以前からご紹介していますが、決して薬ではありませんのですべての方に効くとは言えませんが、調子が良くなったと言う嬉しい声も届いています。

今、写真のようなサンプルも無料配布中ですが、まだまだご存じない方もたくさん居られるようですね。
まだお試しになっていらっしゃらない方は是非一度お試しになってみてください。サンプルご希望の方はご遠慮なくお申し付けください。ご遠方のお客様は、封筒に宛名明記の上、80円切手を貼ってお送りください。折り返し、わずかで申し訳ありませんが、写真のサンプル1Pを送らせていただきます。


日本茶でちょっと一服。宮崎美老園




日本茶今、日本茶ランキングに参加しています。もし宜しかったらクリックしていただけると嬉しいです。

2007年03月07日

啓蟄(けいちつ)も過ぎて春本番!?

blogsatsuki0307-1.jpg冬ごもりしていた虫たちが暖かくなって地中から這い出してくるといわれる二十四節季のひとつ、啓蟄(けいちつ)も過ぎ、宮崎ではいよいよ本格的な春!と思いきや、ここ数日寒気が戻ってきて、啓蟄(けいちつ)だった昨日などは気温が宮崎ではもっとも寒くなる1月下旬並みの寒さでした。

しかし、それ以前が5月上旬並みの気温が続いていたせいか、我が家のサツキは、ごらんの通り、どんどん開花しています。

日本茶でちょっと一服。宮崎美老園




blogsatsuki0307-2.jpg最初のころは、狂い咲きかと思っていましたが、あれよあれよといううちにいたるところでどんどん咲き始めました。気をつけてみるとご近所のサツキも花が咲いているところもあります。これだけ寒暖の差が激しいと人間だけでなく植物もおかしくなってしまうのでしょうか?

今、叫ばれている地球温暖化への取り組み、今すぐ真剣に皆で取り組まなければ大変なことになってしまいますね。いつか今度、我が家と宮崎美老園の温暖化対策も含めた環境問題への取り組みについてもご紹介してみたいと思います。




日本茶今、日本茶ランキングに参加しています。もし宜しかったらクリックしていただけると嬉しいです。

2007年03月06日

冬の一押し食材は、なんといっても「牡蠣(かき)」ですね

blogoister-1.jpg私の場合、冬の一押し食材は、なんといっても「牡蠣(かき)」ですね。こんなテーマももう季節外れのようなここ宮崎の暖かさでしたが、昨日から風が強く、すこし寒が戻ってきたような感じです。

さて、皆さんも良くご存知のこの二枚貝の「牡蠣(かき)」、好きな方とそうでない方がはっきりと別れる食材でもあり、一度でもあたった経験のある方は絶対に体が受け付けないそうですね。でも「海のミルク」といわれるように豊富な栄養を含んでいることも知られています。よく知られている所では、亜鉛などのミネラルをはじめ、カルシウムやタンパク質、タウリン、ビタミンB1、B2などなど・・・。かの皇帝ナポレオンも戦場にまで持っていって三食欠かさず食べていたと聞いたことがあります。4時間程度!?という、短い睡眠時間でも大丈夫なほどタフだったのもこの「牡蠣」のおかげかもしれませんね。

日本茶でちょっと一服。宮崎美老園




blogoister-2.jpg実に様々な食べ方がありますが、私は、やはり「生牡蠣」をレモン汁をかけて頂くのが最高ですね。以前知人の誘いで11月の寒い時期にテトラポットについた生牡蠣を採りに行ったことがありました。とても寒い思いをしましたが、その時採った生牡蠣を海水で洗って食べた時のぷりぷりとした食感と美味しさは忘れられません。しかし家庭で最もポピュラーな食べ方はなんといってもこの牡蠣フライです。わが家は全員大好きで、いつもあっという間になくなってしまいます。

それから皆さん、1月〜12月の月の名を英語で書いた時のスペルに「R」が含まれない月のカキは食べられないと聞かれたことはありませんか?

つまり5〜8月のことで、最近まで私はこれらの月は気温が高くなる為、傷みやすくなって食用に適さないのだと思っていましたが、さにあらず、この5〜8月はちょうど牡蠣の産卵期にあたり、精巣や卵巣が発達して大きくなるために食用に適さないのだそうです。これは普通一般に食されている「マガキ」のことで、この時期に旬を迎えて食べ頃になる種類もあるそうです。

昨年から今年にかけて、「ノロウィルス」による風評被害で店頭に並べられる機会がグ〜ンと減って、牡蠣が大好きなわが家は食べられずにとても残念でした。その「牡蠣」の季節もそろそろ終わりかと思うとちょっぴり寂しい今日この頃です。





日本茶今、日本茶ランキングに参加しています。もし宜しかったらクリックしていただけると嬉しいです。

2007年03月05日

今年も桜餅の季節がやってきました!

blogsakuramochi2007.jpg今年もやってきました!桜餅の季節。塩漬けにした桜の葉の香りがなんともいえません。これがまた日本茶のお茶請けにぴったりです。餡の程よい甘さと桜葉の塩味が見事に調和し、まさに絶妙の味わいを作り出しています。さらにその味わいの上から緑茶の心地よい渋みが加わって口の中では華麗な味の競演が繰り広げられます。お互いの味わいを打ち消しあうのではなく、むしろこれ以上ないくらいに引き立てあうこんなお茶とお茶請けの組み合わせは他にあるでしょうか?そんな大好きな桜餅です。

日本茶でちょっと一服。宮崎美老園





日本茶今、日本茶ランキングに参加しています。もし宜しかったらクリックしていただけると嬉しいです。

2007年03月04日

わが家のひな祭り

bloghinamaturi2007.jpg昨日の3月3日は、ひな祭りでしたね。我が家にも娘がいるので妻が恒例のちらし寿司を作ってお祝いです。今年は最近はやりのお雛様ケーキがなかったせいか、ちょっぴり寂しかったですが、それでもしっかりと娘達の健やかな成長を皆で祝いました。




日本茶今、日本茶ランキングに参加しています。もし宜しかったらクリックしていただけると嬉しいです。

2007年03月03日

えっ、これって、桜!?

blogsakura0302-0.jpg昨日の金曜日は、毎週定例のロータリークラブの例会が行われるので一ッ葉にあるサンホテルフェニックスの会場まで出かけます。会社から車で20分くらいかかるでしょうか。ちょっとしたドライブ気分が味わえますが、週末の金曜日は何かと慌ただしいのであまりゆっくりとした気分にはなれません。しかし、道路沿いの草花にいつも季節を感じています。

いつものようにシェラトン・ホテルを通り過ぎようとした時です。
満開に咲き乱れる花を見つけました!えっ、これって桜!?




blogsakura0302-1.jpg例会に行く時には、時間がなかったのでそのまま通り過ごしましたが、帰り道に道路脇に車を止めて、あらためて近づいてみると確かに桜のようです。近くにソメイヨシノの桜の木があり、昨年来、3回ほど花を咲かせているのですが、この木はそれから50mくらい離れた場所にあります。



blogsakura0302-2.jpgこんなに見事に咲き乱れています。最初山桜かなと思いましたが、
それにしては花と一緒に出てくるはずの葉っぱが見当たりません。まさに満開で、いくら暖かいからとはいえ、少々早すぎなのではと心配になってきます。

そうそう、その帰りに道すがらあまりに車の中が暑いので、実はクーラーをつけてしまいました。これからどうなっていくのでしょうね。




日本茶今、日本茶ランキングに参加しています。もし宜しかったらクリックしていただけると嬉しいです。

2007年03月02日

30年ぶりの母校の卒業式

blogtsubaki0301.jpg暖かいのか、寒いのか分からないような寒暖の激しい気候で三寒四温という言葉がぴったり当てはまるような今日この頃です。わが家の庭では、サツキやつつじ、そしてタンポポやこのツバキが競うように咲いています。

昨日の3月1日は、宮崎市内の公立高校の卒業式が一斉に行われました。役員をしている関係で、私も30年ぶりに母校の卒業式に出席しました。一期生の私達が卒業して以来の母校の卒業式出席で大変感慨深いものがありました。

式典は、約2時間半でしたが、厳粛な中に粛々と挙行されました。式の途中で30年前の第一回の卒業式を思い出そうとするのですが、どのような式だったのかさえ、今ではよく思い出せなくなっています。
ただ新設校の初めての卒業式ということでマスコミ関係の取材がたくさん入っていたのだけは覚えています。

昨日の在校生の送辞も素晴らしければ、卒業生代表の答辞もまた素晴らしく、とてもよい卒業式でした。
生徒の皆さんもこれが終わりではありません。これからがむしろ新しい人生のスタートです。校歌にあるように大きな夢と希望を胸に世界の国々へ羽ばたき大いに活躍して欲しいものです。

ご卒業本当におめでとうございました。

夕方から開催された「卒業祝賀会」では、中学や高校の同窓生がたくさんいました。子供さんたちが今回ご卒業とのこと。本当におめでとうございます。ミニ同窓会のようになった謝恩会で懐かしくも楽しいひと時を過ごさせていただくことが出来ました。




日本茶今、日本茶ランキングに参加しています。もし宜しかったらクリックしていただけると嬉しいです。

2007年03月01日

この季節のお茶請けにぴったり!「桜葉羊羹」

blogsakurabayoukan-1.jpgいよいよ、今日から3月ですね。日増しに春めいてきているのが感じられます。わが家の庭では。先日もご紹介しましたサツキの花があちこちで咲き始めました。今年はこの調子でいくと1週間〜10日ほど新茶ので周りが早まるのではないかと思っています。

さて、先日の「春爛漫セット」の中に詰めあわされている「春の宵」というお菓子もそうでしたが、今、宮崎美老園の実店舗で販売している「桜葉ようかん」が人気です。

日本茶でちょっと一服。宮崎美老園



blogsakurabayoukan-2.jpg実際に桜の葉の塩漬けにしたものがきざんで入っており、桜の風味がとてもよく、美味しい羊羹です。お値段は、税込み価格365円です。
是非一度お茶請けにいかがですか?




日本茶今、日本茶ランキングに参加しています。もし宜しかったらクリックしていただけると嬉しいです。