« 2007年06月 | 「宮崎美老園」ブログトップへ | 2007年08月 »

2007年07月31日

昨日は土用の丑の日

blogunagi070731-1.jpg昨日は土用の丑の日。土用の丑の日といえば、「うなぎ」。わが家でもうなぎの蒲焼をいただきました。どうしても市販のうなぎに馴染めず、宮崎の北西に位置する西都市の「入船」さんからお取り寄せしました。「入船」といえばいつも行列の出来るほどの人気店です。



日本茶でちょっと一服。宮崎美老園




blogunagi070731-2.jpg栄養価の高いうなぎを夏の暑くて体力を消耗する時期にいただくのはまさに理にかなったお話です。うなぎ大好きな私にはうってつけの夏の栄養食です。「うなぎ」で思いだすのは、昔友人のところにアメリカから留学生の女の子が来ていて、友人のお父さんが早速うなぎを裁いて庭で蒲焼にしてくれたのですが、「イール(英語でうなぎの意)」と聞いただけでその留学生は一口も手をつけず、こんな美味しいものを勿体無いと思ったものでした。形が形ですからそれもあったのでしょう。欧米ではあまりうなぎを食す習慣もないようです。仕方ないのかもしれませんね。


お隣の中国でもよく料理に使われますが、日本人にはやはり蒲焼が一番ですね。昔、うなぎをぶつ切りにして串に刺して焼いていた様が蒲の穂に似ていたことから「蒲の穂焼き」と呼ばれるようになり、それが訛って「蒲焼」になったとか。そんな事を考えながら久しぶりに美味しいうなぎを昨日はいただきました。これで元気に夏を過ごしたいものです。




日本茶今、日本茶ランキングに参加しています。もし宜しかったらクリックしていただけると嬉しいです。

2007年07月30日

ITリーダー塾の懇親会料理

blogitjyukukonshinkai07-1.jpg今日は、先日行われた「ITリーダー塾」の懇親会のお料理の紹介です。人物は肖像権などがあり気を使いますが、その点料理はその心配がありませんのでブログのねたにもぴったりです。また写真の撮影練習にはもってこいです。



日本茶でちょっと一服。宮崎美老園




blogitjyukukonshinkai07-2.jpgいろいろなオードブルが並んでとても綺麗です。盛り付けにはセンスが欠かせないと常々思います。




blogitjyukukonshinkai07-3.jpgうちわえびの煮物。えびの淡白な味わいをしっかりとした味付けが見事にカバーしていて美味しかったです。




blogitjyukukonshinkai07-4.jpgなすに詰め物をして煮込んであり美味しそうだったのですが、残念ながら写真だけでした。



blogitjyukukonshinkai-5.jpg宮崎の人間としては〆に冷や汁が出てくると嬉しいですね。



blogitjyukukonshinkai-6.jpg最後はやはりフルーツですね。




日本茶今、日本茶ランキングに参加しています。もし宜しかったらクリックしていただけると嬉しいです。

2007年07月29日

水出し煎茶「涼煎茶(りょうせんちゃ)」好評発売中!

blogryousencya.jpg本日発売の水出し煎茶「涼煎茶(りょうせんちゃ)」が宮崎のこのうだるような暑さのせいもあって好評です。


氷水にぽんと入れるだけという手軽さが受けているのかもしれませんね。実際に入れていただいたものを飲んでみましたが、案外最後にティーパックを絞っていらっしゃる方が少ないようです。ご面倒かもしれませんが、急須で入れるときと同様、最後パックを絞っていただいたほうが味も濃くなりさらに美味しくなります。

味もさらに改良を加え、香ばしさもさらにまして美味しくなりました。是非一度お試しください。



日本茶でちょっと一服。宮崎美老園





日本茶今、日本茶ランキングに参加しています。もし宜しかったらクリックしていただけると嬉しいです。

2007年07月28日

水出し煎茶「涼煎茶」本日発売!

blog070728.jpg先日ご報告した水出し煎茶「涼煎茶(りょうせんちゃ)」を本日から発売します。昨日の宮崎日日新聞の「フォーカス」欄に新製品紹介として掲載されました。水出し煎茶「涼煎茶(りょうせんちゃ)」、これからも長きに渡って、皆様に愛される商品になって欲しいと願っています。



日本茶でちょっと一服。宮崎美老園




日本茶今、日本茶ランキングに参加しています。もし宜しかったらクリックしていただけると嬉しいです。

2007年07月27日

宮崎美老園オリジナル水出し茶いよいよ明日発売!

blog070727-1.jpg教えてもらった以前からこのブログで開発の様子をお伝えしてきた水出し茶がようやく完成!明日発売予定で最後の準備を進めています。


試作品を皆さんにモニターしていただき、改良点を洗い出してみました。その結果、「もう少し早く出ると良いですね」、「味がもう少し濃いほうが・・・」などなどブレンドを工夫して再度作ってみました。


以前より短時間で抽出して尚且つ味も濃くなっています。これなら皆さんにもきっと喜んでいただけそうですね。



日本茶でちょっと一服。宮崎美老園




blog070727-2.jpg開発中の水の温度は約10℃を保ちます。



blog070727-3.jpg抽出を開始して5分経過しました。すでにほんのりと水色が緑がかって来ています。



blog070727-4.jpg抽出を開始して10分経過しました。



blog070727-5.jpg抽出を開始して15分経過しました。



blog070727-6.jpg抽出を開始して20分経過しました。程よい具合に綺麗な緑の水色になっています。もう少し濃い目がお好きな方は、しばらくティーパックをつけておけばよいでしょう。

お急ぎの場合にはティーパックをトングや箸で絞ってください。冒頭の写真のような水出し茶の出来上がりです。グラスに氷をいれてその上から出来上がったお茶を注げば美味しい水出し茶の出来上がりです。





日本茶今、日本茶ランキングに参加しています。もし宜しかったらクリックしていただけると嬉しいです。

2007年07月26日

さすがは本場長崎ちゃんぽん

blogchanpon-1.jpg長崎といえばちゃんぽん!ちゃんぽんといえば長崎!先日研修で長崎に行った際、本物の美味しいちゃんぽんが食べたくて街へ出かけて見ました。どこが美味しいのか事前に調べてきていない時は、いつも宿泊先のホテルのフロントで情報を仕入れます。残念ながら中華街はすでに閉まっている時間だとか、まだ開いている地元で人気のお店をホテルの方に教えてもらい、研修にご一緒した方を誘い、思案橋という地元の繁華街へ向かいます。



日本茶でちょっと一服。宮崎美老園




blogchanpon-2.jpg教えてもらったYというお店はすぐに見つかりました。懇親会で一通り食事を終えていたのですが、4人で行ったのでとりあえずちゃんぽんと皿うどんを注文しました。




blogchanpon-4.jpgちゃんぽんと皿うどんをシェアしていただきましたが、あまりの美味しさにあっという間になくなってしまいました。食べながら気になっていたのが、壁に貼られたこのポスターです。その名も「サンマー麺」。はたしてどんなものなのか?早速注文してみることにしました。



blogchanpon-3.jpg看板に偽りなし。濃厚なスープの美味しさは絶品。さすが自慢の一品です。こんなに美味しいラーメン!?を食べることが出来て大満足です。空腹の時なら何を食べても美味しいと感じるかもしれませんが、お腹いっぱいになっているのにさらに食べられておまけに美味しいのですからこれは本物です。無理して出かけた甲斐がありました。皆大満足でホテルへ戻りました。す。




日本茶今、日本茶ランキングに参加しています。もし宜しかったらクリックしていただけると嬉しいです。

2007年07月25日

ご贈答には高級煎茶「稀鳳(きほう)」が喜ばれています

blogkiho070725-1.jpg高級なお茶って自分で購入して飲むことってないですよね。だからこそので美味しい高級茶を頂いたときは嬉しいものですよね。宮崎美老園の最高級茶の「稀鳳(きほう)」はご贈答に大変喜ばれています。




日本茶でちょっと一服。宮崎美老園




blogkiho070725-3.jpg一番茶のもっとも柔らかな新芽の部分を使って作られているのが茶殻を見ると良くわかります。



blogkiho070725-2.jpg当然最初の蒸して作る工程で新芽のやわらかな部分は形状がもろく細かくなるため、お茶葉の微粒子で水色が少しにごってしまいますが、味わいはまろやかでコクと旨味がしっかりと乗ったすばらしいお茶です。

いつもお世話になっている大事なあの方に是非召し上がっていただきたいお茶ですね。高級煎茶「稀鳳(きほう)」の詰め合わせギフトを豊富に品揃えして皆様のご用命をお待ちしております。お求めは、HPほか宮崎美老園各本支店でどうぞ!




日本茶今、日本茶ランキングに参加しています。もし宜しかったらクリックしていただけると嬉しいです。

2007年07月24日

本物のトラジャコーヒーを味わう

blogtrajya-2.jpg仕事柄コーヒーを飲む機会を出来るだけ控えていますので、私がコーヒーを飲んでいるところをご覧になる機会はそう多くはありません。たまに見かけると「コーヒーも召し上がるのですね」と驚いたように仰る方がいらっしゃいます。

実はコーヒーにもとても関心がありますし、研究もしています。そんな私が好きなコーヒーがこの「トラジャコーヒー」。インドネシアに長らく駐在している従兄がお土産に持ってきてくれるお奨めのトラジャコーヒーです。




日本茶でちょっと一服。宮崎美老園



blogtrajya-3.jpgインドネシアで採れるこのコーヒーは、戦前はオランダが管理していたコーヒー農園で作られていて王室御用達の高級品であったとか。中挽きにしてパーコレーターでじっくりと入れて飲むのが好きです。




blogtrajya-4.jpg主にキャンプの時などに活躍するパーコレーターですが、私は今回のように本当に美味しいコーヒーが手に入ったときには一人でパーコレーターを使って楽しんでいます。



blogtrajya-5.jpg抽出されたコーヒーの色がプラスチックの蓋を通して確認することが出来ます。この色で美味しい抽出具合を判断します。



blogtrajya-1.jpg芳醇で深みのある香りと濃くのある味わいは美味しいトラジャコーヒーの命です。ゆっくりとそのアロマを楽しみながら至福のひと時を味わう。なんと贅沢な時間でしょうか。



日本茶今、日本茶ランキングに参加しています。もし宜しかったらクリックしていただけると嬉しいです。

2007年07月23日

宮崎は猛暑続きです

宮崎は先週18日に梅雨が明けたとお知らせしましたが、明けた途端猛暑に見舞われています。昨日の日曜日は地元の宮日新聞によると県内平野部を中心に軒並み35度を超える「猛暑日」になったそうで、宮崎市から北へ車で約40分ほど行ったところにある高鍋町(ここは「児湯茶」で有名な県内有数の茶どころでもあります)では、なんと最高気温が36.7℃もあったそうです。

宮崎市でも36.4℃を記録!うだるような暑さに一日中クーラーをつけっぱなしでした。しばらくはこの猛暑が続きそうです。こんな時には冷たい飲み物がほしくなってしまいます。水出し茶で健康にも気を配りたいですね。



日本茶でちょっと一服。宮崎美老園





日本茶今、日本茶ランキングに参加しています。もし宜しかったらクリックしていただけると嬉しいです。

2007年07月22日

宮崎はようやく梅雨明けです

blogtsuyuake.jpg宮崎はようやく先週の18日に梅雨が明けました。昨年より7日早く、例年より5日遅い梅雨明けだとか。これからは宮崎は暑〜い暑〜い本格的な夏が始まります。健康管理には一層気をつけていきたいものですね。毎日の健康には緑茶が一番!宮崎美老園では、今度新製品も登場します。どうぞご期待ください。


写真は、宮崎市の中心部を流れる大淀川に架かる橘橋から見た夕日です。先日の台風4号の時には荒れ狂う大蛇のような様相を呈していた流れも今日は穏やかで美しい夕日を川面に映し出しています。




日本茶でちょっと一服。宮崎美老園





日本茶今、日本茶ランキングに参加しています。もし宜しかったらクリックしていただけると嬉しいです。

2007年07月21日

こんな焼酎を見つけました!その名も「そのまんま東妻泉(ひがしつまいずみ)」

bloghigashitsumaizumi-1.jpg昨日のロータリークラブの夜の例会・懇親会でユニークな焼酎を見つけました。その名も「そのまんま東妻泉」。例会だけ参加で懇親会には残りませんでしたので、残念ながらお味のほうはわかりません。



日本茶でちょっと一服。宮崎美老園



bloghigashitsumaizumi-2.jpgしかし、パッケージがこれまたとてもユニークです。焼酎マニフェストなるものがラベルに記載されています。


企画制作は東国原知事のご出身である都城の酒屋さんのようですが、中味の焼酎は昨年6月フランス・ボルドーのワインフェスティバルでもご一緒だった日南市の京屋酒造さんが米麹でつくられている 20度 のものですからきっと美味しいに違いありません。今回飲めなかったのがとても残念ですが、機会があれば是非飲んで見たいものです。これはまさに東国原知事の応援焼酎ですね。





日本茶今、日本茶ランキングに参加しています。もし宜しかったらクリックしていただけると嬉しいです。

2007年07月20日

平成19年度の「ITリーダー塾」がスタートしました

blogITjyuku.jpgアイリンク・コンサルタントの加藤忠宏先生による宮崎商工会議所主催の今年度「ITリーダー塾」がスタートしました。


今年度は昨年よりさらに受講者が増えて加藤先生の講座の人気の程がうかがわれます。今年度の講座はさらにパワーアップ!加藤先生も絶好調でした。今年度こそは受講の成果をしっかり数字にしていきたいと思います。


帰ってから早速、講座で教えていただいた事を自社サイトにあてはめて、まずは自分でWebチェックからスタートです。



日本茶でちょっと一服。宮崎美老園





日本茶今、日本茶ランキングに参加しています。もし宜しかったらクリックしていただけると嬉しいです。

2007年07月19日

コッパ(Coppa)とひでじビール「むささび」

blogmusasabi-1.jpg先日ご紹介した「ひでじビール」さんの「むささび」とコッパというイタリアのラックスハムの相性はこれまた抜群です。



日本茶でちょっと一服。宮崎美老園



blogmusasabi-2.jpgコッパとはイタリア原産のハムで豚の肩肉を香辛料で風味付けし60日以上熟成させて作られます。濃厚で独特な風味が特徴のこのハムの美味しさを味わいのある「むささび」のビールが一段と引き立ててくれます。





日本茶今、日本茶ランキングに参加しています。もし宜しかったらクリックしていただけると嬉しいです。

2007年07月18日

今年初めてセミを撮影しました

bloghatsusemi-1.jpg今年はセミの鳴き始めるのが昨年より遅いような気がします。

7月上旬に近くの山でニイニイゼミが、そして7月7日には公立大学の構内でクマゼミ鳴いているのを聞きましたが、姿を確認するまでにはいたりませんでした。台風が通り過ぎた翌日、毎年様々なセミがよく止まっているクロガネモチの木にようやくニイニイゼミが止まっているのを見つけました。



日本茶でちょっと一服。宮崎美老園



bloghatsusemi-2.jpg小さいのと体色が木の色に実に似ているので見つけるのが大変です。




日本茶今、日本茶ランキングに参加しています。もし宜しかったらクリックしていただけると嬉しいです。

2007年07月17日

台風と地震で被災された皆様へ心よりお見舞い申し上げます

県内外で大きな被害をもたらした台風4号も過ぎ去り、宮崎ではここ2日ほど晴天が続いています。集中豪雨で地盤が緩んでいる所や水かさが上がっていた河川や池では、まだまだ気を抜くわけには行きませんがそれでも一安心といった所でしょうか。大きな被害を受けられた皆様には心よりお見舞い申し上げます。一日も早い復旧をお祈りしています。 昨日起こった新潟県沖を震源とする大きな地震、知り合いの方々が新潟には沢山いらっしゃるので安否が気になります。被災地の皆様のご無事をお祈りするとともに一日も早い復旧を願っています。
2007年07月16日

新潟・長野県で大きな地震

先ほどテレビのニュースで新潟・長野県で大きな地震があった事を知り驚いています。 震源地が柏崎市ということ。このブログで交流をさせていただいている方が新潟には沢山いらっしゃるので、皆さんの安否が気遣われます。 皆さん大丈夫でしたでしょうか? 皆様のご無事をお祈りしています。

一夜明けて台風4号の傷跡

blog070716-1.jpg5年振りの免許更新期日が近かった為、昨日免許センターに更新手続きに行ってきました。その際、まだ台風のために倒れた大淀河畔のワシントニアパームがそのままになっていました。




日本茶でちょっと一服。宮崎美老園



blog070716-2.jpg根こそぎ倒れているのがよく分かります。植えられてあまり経っていなく根が張っていなかったのですね。



blog070716-3.jpg折れたわけではないのですぐに移植が可能なのではないでしょうか?一日も早く元の通りになるとよいですね。




日本茶今、日本茶ランキングに参加しています。もし宜しかったらクリックしていただけると嬉しいです。

2007年07月15日

台風4号が通り過ぎて・・・

blog070715-1.jpg台風4号の中心が通り過ぎ、やや静かになった夕刻会社のことが気になって見に行くことにしました。幸い会社のほうは被害はありませんでしたが、街のいたるところで台風の傷跡が随所に見られました。写真は会社からほど近い大淀河畔のワシントニアパームの無残な姿です。6本ほどのワシントニアパームがすべて横倒しになっていました。




日本茶でちょっと一服。宮崎美老園



blog070715-2.jpg1本の高さは十数メートルはある大きなワシントニアパームです。
よくこの前を通りますが、植えられてあまり経っていませんでしたので根が張っていなかったのですね。根こそぎ倒れてしまっています。




blog070715-3.jpg橘公園のホテル街の前にある大淀川の堤防のところも水位が上がっているのが分かります。一昨年前はこの堤防の上から1〜2メートルのところまで水位が上がり堤防の決壊が危ぶまれました。



blog070715-4.jpgワシントニアパームの倒壊した側にある野外ステージも川からの水が流れ込んで下のほうは水没しています。



blog070715-5.jpg大淀河畔沿いのホテル街から西の空を望みます。何か台風の名残を思わせる不気味な雲が広がっています。





日本茶今、日本茶ランキングに参加しています。もし宜しかったらクリックしていただけると嬉しいです。

2007年07月14日

大型の台風4号の接近の為、臨時休業させていただきます

blog070714.jpg大型で強い台風4号接近の為、本日は本店・本社・山形屋店とも全て臨時休業させていただきます。お客様には大変ご迷惑をおかけして申し訳ございませんがどうかご了承願います。


写真は午前10時頃の様子ですが、次第に風雨が強まってきています。大淀川にかかる小戸橋などはすでに通行止めになっているようです。海や空のダイヤにも大きな影響が出ています。これから九州上陸の恐れが出ているとのこと。今までに降り続いている雨の量がすでに500mmを超えているとのことで土砂災害や増水による河川の氾濫も心配されています。これからさらに激しさを増してくるのかと思うと不安です。大きな被害が出なければよいのですが・・・。



日本茶でちょっと一服。宮崎美老園




日本茶今、日本茶ランキングに参加しています。もし宜しかったらクリックしていただけると嬉しいです。

2007年07月13日

とても強い台風4号が今宮崎に接近しています

blog070713-11.jpgとても強い大型台風4号が近づいているため、被害が心配です。写真は宮崎市の中心を流れる大淀川の午後6時頃の様子です。濁流が激しい勢いで流れているのがお分かりですか?見ていると恐怖すら感じてきます。



日本茶でちょっと一服。宮崎美老園




blog070713-12.jpgここ数日の豪雨で川の水かさがこんなに増えています。これから台風が近づくにつれて雨脚が強くなってきますので、水害が心配されます。一昨年前の大きな水害の記憶が生々しいだけにこれからの台風の動きがとても気になります。大きな被害が出ないよう願うばかりです。




日本茶今、日本茶ランキングに参加しています。もし宜しかったらクリックしていただけると嬉しいです。

2007年07月12日

ついに出ました!宮崎応援ビール

blogsonomanmabeer-1.jpg先日ご紹介した「ひでじビール」さんから限定でこんなユニークなビールが発売されました。ラベルには今話題の東国原知事のイラストとそのバックには宮崎の有名な観光地の写真が描かれています。まさに宮崎応援ビールですね。




日本茶でちょっと一服。宮崎美老園



blogsonomanmabeer-2.jpg中味はというとひでじビールの中でも一番人気の「きつね(ピルスナー)」タイプです。



blogsonomanmabeer-3.jpgこちらはわが家の鍋物人気ナンバーワンのキムチ鍋。ピルスナータイプのビールの切れのある香り高い味わいがキムチ鍋の美味しさを尚一層引き立ててくれるようです。





日本茶今、日本茶ランキングに参加しています。もし宜しかったらクリックしていただけると嬉しいです。

2007年07月11日

うなぎパワー 力鰻(りきまん)キャンディー

blogrikiman-1.jpg先日このような面白いキャンディーを見つけました。鰻エキス入りキャンディー、その名も力鰻(りきまん)。
土用の丑の日ももうすぐ。鰻を食べて元気にこの夏を乗り切ろうと考えていらっしゃる方も多いのではないでしょうか?



日本茶でちょっと一服。宮崎美老園



blogrikiman-2.jpgなんか名前がすごいですよね。ビタミンA・Eを多く含んだ鰻エキス入りと表示されています。古くから滋養のある食べ物として大事にされてきた鰻ですが、とうとうこんな形も現れたのですね。私個人としては、やはり鰻は蒲焼がよいですね。





日本茶今、日本茶ランキングに参加しています。もし宜しかったらクリックしていただけると嬉しいです。

2007年07月10日

大宰府の「梅ヶ枝餅(うめがえもち)」

blogumegaemochi-1.jpg太宰府天満宮に祭られている菅原道真公は、幼少の頃から神童の誉れ高く、学問・書・詩文に多くの業績を残しました。宇多天皇の信任を受け政治の中心でも活躍し、右大臣まで上りつめましたが、901年1月藤原時平の中傷で太宰府に左遷させられました。それから2年後の903年に病のため亡くなりました。しかし没後20年の923年に醍醐天皇により元の位に復され、さらに993年には一条天皇から太政大臣の位を贈られました。

その不遇な大宰府での生活を送っていた時、近くに住む老婆が道真公の境遇に同情して時折、餅を持参しては慰めたそうです。道真公が亡くなられた時、公の好物であったこの餅を梅の枝にさして霊柩に供えて送ったという故事にならい梅ヶ枝餅と称して売り出されたのが由来と聞いています。






日本茶でちょっと一服。宮崎美老園



blogumegaemochi-2.jpg当時の餅がどんなものであったのか定かではありませんが、現在は、もち米とうるち米からできた粉に水を加えて練った生地で小豆のつぶし餡を包み焼き型で平たく焼き上げてつくられています。

現在、太宰府天満宮の参道や境内に並ぶ梅が枝餅販売店は40店余もあるそうで、その飽きのこない素朴な味わいは、この地を訪れる多くの参拝客に愛されています。





日本茶今、日本茶ランキングに参加しています。もし宜しかったらクリックしていただけると嬉しいです。

2007年07月09日

菅原道真公を祭る「太宰府天満宮(だざいふてんまんぐう)」

blogdazaifu-1.jpg先日長崎での研修に向かう途中、学問の神様で有名な太宰府天満宮をお参りすることが出来ました。なかなか機会がなく、私にとってははじめての太宰府天満宮参拝です。



日本茶でちょっと一服。宮崎美老園



blogdazaifu-2.jpg受験を控える子供たちの合格を祈願し、受験合格・学業成就のお守りを土産に購入させていただきました。



blogdazaifu-3.jpg「東風吹かば にほひおこせよ梅の花 主なしとて春な忘れそ」 という歌で有名な梅の木です。主を慕って一夜で京の都から飛んできたという言い伝えのあるこの飛梅、何か不思議なロマンを感じますね。手入れが行き届いているのでしょう、古木にしてはとても立派な枝振りが印象的でした。




日本茶今、日本茶ランキングに参加しています。もし宜しかったらクリックしていただけると嬉しいです。

2007年07月08日

今年もぶどう大福の季節がやってきました!

blogbudodaifuku-1.jpg昨年わが家で大好評だったぶどう大福を如水庵のOさんがおみやげに持ってきてくださいました。大福の中は、程よい酸味が心地よいピオーネ種のブドウが丸ごと1個入っていてこの食感が堪りません。




日本茶でちょっと一服。宮崎美老園



blogbudodaifuku-2.jpg冷たい水出し煎茶はひんやりと冷たく冷したぶどう大福の美味しさを一層引き立ててくれます。今年もとても美味しいぶどう大福でした。





日本茶今、日本茶ランキングに参加しています。もし宜しかったらクリックしていただけると嬉しいです。

2007年07月07日

今日は七夕ですね

blog070707.jpg今日は七夕というのに九州地方はここ数日梅雨末期によくある大雨が続いています。ここ宮崎では、午前中から降っていた雨も今この時間は上がって、夜空に明るい星々を見ることが出来ます。残念ながら天の川までは確認することが出来ませんでした。まだまだしばらくは雨の予報が出ていますが今まで降った大雨で地盤が緩み土砂災害などの大きな被害がでなければよいがと思っています。



日本茶でちょっと一服。宮崎美老園




日本茶今、日本茶ランキングに参加しています。もし宜しかったらクリックしていただけると嬉しいです。

2007年07月06日

宮崎の夏はやっぱりチキン南蛮!

blogchikinnanban070705.jpg先日、福岡からお客さんが見えて、「昼食にチキン南蛮を食べたい」ということだったので、おぐら本店にご案内しました。このような機会がないと私たちもめったに行くことがありません。このお店のメニューは、「チキン南蛮」にかかわらずボリュームがあるので有名です。

お昼ちょっと前でしたのでまだ込み合う前でちょうどよかったです。いつも待っておられるお客さんで一杯の地元の人気店です。夏場の食欲がないときにもこの「チキン南蛮」なら大丈夫!南蛮の味付けが食欲をそそってくれますね。


お連れしたお客様も「美味しい!美味しい!」とすごいボリュームにもかかわらず残さず召し上がってくださいました。



日本茶でちょっと一服。宮崎美老園





日本茶今、日本茶ランキングに参加しています。もし宜しかったらクリックしていただけると嬉しいです。

2007年07月05日

フランスボルドーの食料品店で見つけたすごいオイルサーディン

blog070705-1.jpg昨年、フランスのボルドーで日本茶のPRと商談に行った際、現地で視察に行った食料品店で購入してきたオイルサーディンをご紹介したいと思います。



日本茶でちょっと一服。宮崎美老園



blog070705-2.jpgこれはただの市販のオイルサーディンとは訳が違います。なんとこのオイルサーディンは、トレーサビリティー、つまり生産履歴が普通のオイルサーディンの缶詰とは比較にならないほどすごいのです。




blog070705-3.jpg何とこの缶詰めは、どこで獲れたいわしを使って作られたというだけでなく、獲ってきた船の名前と獲った日付まではっきりと明記されるという念の入れようです。


こんなトレーサビリティーのハッキリした魚の缶詰は日本にはないのではないのではないでしょうか?食の安全性を追求する姿勢は日本よりはるかに進んでいるといった印象を強く受けたオイルサーディンの缶詰でした。肝心のお味のほうはと言うと、個人的な意見ですが日本製のものの方が私は好きですね。




日本茶今、日本茶ランキングに参加しています。もし宜しかったらクリックしていただけると嬉しいです。

2007年07月04日

不思議なストロー

blogsutoro-1.jpg珍しいものに目がない私ですが、いつもお世話になっている税理士事務所の方に実に面白いものを教えていただいたので今日はこれをご紹介したいと思います。普通の牛乳をこのストローで飲んでみると・・・あら不思議!ストロベリーやバナナ、チョコの味がします。




日本茶でちょっと一服。宮崎美老園



blogsutoro-2.jpgこの不思議なストローの種類は全部で3種類。ストロベリー、バナナ、チョコ味です。モスバーガーで1本50円で売っています。




blogsutoro-3.jpg同じ牛乳を飲んでいるのにそれぞれ違った味がします。わが家の子供たちも大喜びでした。皆さんも一度試してみてはいかがですか?




日本茶今、日本茶ランキングに参加しています。もし宜しかったらクリックしていただけると嬉しいです。

2007年07月03日

長崎の「卓袱(しっぽく)料理」

blogshipoku-1.jpg先日、研修で長崎を訪れました。私たちのころは、宮崎の中学の修学旅行といえば、九州一周が定番でしたが、私の中学校の私たちの年度から関西への修学旅行に変更になったため、長崎をじっくり訪れる機会を失っていました。

かといってまったく行ったことがないというわけではなく、有名なちゃんぽんを食べるだけに立ち寄ったり、ハウステンボスや佐世保には行ったことがあるものの、長崎市の観光らしい観光はしたことがありません。


その長崎を代表する料理といえば、この卓袱(しっぽく)料理が有名です。今日は、はじめて食べた卓袱料理についてご紹介してみたいと思います。




日本茶でちょっと一服。宮崎美老園



blogshipoku-2.jpgそもそもこの卓袱料理とはどのような料理なのかというと中華料理のように円卓の上に大皿で料理を盛って皆で食べる料理のことだそうです。和食、洋食、中国料理の要素が互いに交じり合っていることから、和華蘭料理(わからんりょうり)ともいわれます(蘭は出島に商館を構えたオランダを指すのだそうです)。

卓袱の語源は定かではないそうですが、中国語で「卓」はテーブル、「袱」はテーブルクロスを意味するのだそうです。また、長崎奉行所の記録には「しっぽく」は広南・東京方面(現在のベトナム付近)の方言とあるそうです。そんな卓袱料理ですが、主な料理をご紹介するとまずは大皿で刺身が出てきました。




blogshipoku-3.jpgウィキペディアによると、卓袱料理の起源は定かではないそうですが、元和・寛永期(1615年-1643年)に崇福寺、興福寺などの唐寺が建立、徳川幕府により朱印船が廃止、対中国貿易が長崎港に限定されたため、かなりの中国人が滞在していたものとみられ、1689年(元禄2年)に唐人屋敷が整備されるまでは、中国人と日本人が市中に雑居しており、互いに招きあい、食事をする機会も多かったと考えられ、異文化の交流の中から、この卓袱料理の形態が生まれたと言われているのだそうです。

長崎といえば、やはり中華ですね。魚のから揚げに甘辛いたれがかかった料理です。



blogshipoku-7.jpgかにに鱶(ふか)のゆがきもありました。



blogshipoku-4.jpgそれから長崎で忘れてはならないのが、この豚の角煮ですね。



blogshipoku-5.jpg皿うどんといってパリパリ麺の焼きそばです。




blogshipoku-6.jpgなぜか最後は、デザートのお汁粉で締めなのだと仲居さんが教えてくださいました。皆で円卓を囲み、わいわいにぎやかに楽しくいろいろな料理を食べる、まさに食の理想を思わせるような料理ですね。





日本茶今、日本茶ランキングに参加しています。もし宜しかったらクリックしていただけると嬉しいです。

2007年07月02日

ケーキと冷煎茶の美味しい関係

blogreisuicya0702-1.jpg今開発中のオリジナルの水出し煎茶をふんわりフロマージュと一緒に合わせてみました。ケーキの甘さと心地よい水出し煎茶のほろ苦さがとてもマッチしてどちらも美味しくいただけます。




日本茶でちょっと一服。宮崎美老園



blogreicyakaihatsu1-2.jpg水出し煎茶のさわやかな味わいがケーキの甘さをさっぱりとしてくれます。



日本茶今、日本茶ランキングに参加しています。もし宜しかったらクリックしていただけると嬉しいです。

2007年07月01日

新製品の「水出し煎茶」の開発  〜その4

blogreicyakaihatsu4-1.jpg先日来、このブログでご紹介していますオリジナル水出し煎茶開発の第四弾です。これでOKと思っていたのですが、どうも味のインパクトが少ないことに気づきました。飲んだ後ののど越しというのでしょうか?もう少し味に力強さを加えてみることにしました。




日本茶でちょっと一服。宮崎美老園



blogreicyakaihatsu4-2.jpg構想研究から3年、実際に試作品を作り始めて2ヶ月が経ってしまいました。毎回の試験結果の平等性を期すために、同じ銘柄のミネラルウォーターのペットボトルを使用しながら、その他の水の温度など条件を出来る限り毎回同じにして実験を繰り返しています。水色、味のほうはようやく納得の行くところまで近づいてきました。




日本茶今、日本茶ランキングに参加しています。もし宜しかったらクリックしていただけると嬉しいです。