現在のページは ホーム > お茶のあれこれ > 美味しいお茶のいれ方 のページです。

美味しいお茶のいれ方

上級煎茶の美味しい淹れ方をご紹介します(3人分)

1
必ず一度、沸騰したお湯を
人数分の茶碗(約90cc)に注いでさまします。
ポットのお湯を使う場合には、お湯の温度はおよそ90℃です。
約30秒ほどで70℃になります。
急須と湯のみの写真
2

お湯をさましている間に急須に茶葉を入れます。

上級煎茶の場合、1人分が約2gです。
ご家庭にあるティースプーンを使うと便利です。
ティースプーン軽く1杯分が2g、大きなスプーン1杯分が5〜6gと
覚えておくとよいでしょう。ですから、3人分だとティースプーン
3杯のお茶を急須に入れます。

急須に茶葉を入れている写真
3

さましたお湯(70℃位)をゆっくり急須に入れます

抽出時間(待ち時間)はおよそ1分〜1分半位。

冷ましたお湯を急須に入れている写真
4

まわし注ぎで均等の味に。

複数の湯のみに注ぐ時は、濃さと分量が均等になる
ように注ぎ分けます。

5

急須に残さず、最後の1滴にまで注ぎきります。

この1滴に美味しさがいっぱいつまっています。

最後の一滴を注いでいる写真
6

注ぎ終わりましたら、急須の口と反対側を「ポン!」とたたきます。

中の茶葉を網からはがすと目づまりせず、2煎目も
おいしくいただけます。

ポイント

急須のフタの空気穴を急須の注ぎ口の方向へ向けてください。

お茶を入れるときに急須を振ったり、回したりしていませんか?空気穴を注ぎ口に向けることにより、空気圧の関係で急須からお茶を注ぐ時に、急須の中でお湯の攪拌が起こり、中の茶葉も自然にかき混ぜられるような状態になります。これによりお茶がよく抽出されて、美味しくいただけるわけですね。

急須の空気穴を拡大した写真